日々是雑雑

ハロプロ・キスマイなどのアイドル話、私生活、政治、陰謀論、子育て、音楽について などなど ちょーざっしょく。

ちゅうにびょう

激動のこの時代にモニターを通して”スター”の名が聞こえてくる

”スター”には色んな名称がある 姿形がある 

メディアがいうには、”スター”は人々に支持され、崇拝されているらしい

”スター”自身が言うには 俺はビジネスチャンスを逃さずこの手につかんでいるんだと言う

自分に言わせりゃ あいつらはこの世を生き抜いているわけじゃない

生き抜いているんじゃなく”生かされている”んだ、やつらに

 

やつらはいつも”スター”を生み出す

”スター”はどこから生まれる? メディアから生まれる モニターから生まれる

そうして生まれた”スター”は まるで若者の声を代弁しているかのようなことを言う

若者は熱狂する、一時の不満がガス抜きされる、スターを支持する自分に陶酔する

しかしスターの言うことは根っこをとらえちゃいない

スターの口には目に見えないマスクがされている

背後から見えない手で、やつらがマスクをつけている

 

スターの中には そのマスクを自らの手で外そうとする者がいる

するとどうだ スターはたちまち転落するんだ

メディアから生まれたスターは メディアに殺される

ときにはぐさりと一撃で、あるいはときには真綿で首を絞めるように

そのときに気づくのだろう、生きているんではなく 生かされているのだと

 

不思議だ

マイケルジャクソンは死んだ

2PACも死んだ

ジョンレノンも死んだ

 

死んだやつらは踏み込み過ぎたんだ

と、きっとやつらは笑っている

 

 

 

 

********

なんか久々に2PAC聞いてたら胸が熱くなってしまった…

目がきれいで好きです。深い色をしていて好きです。

目に人柄が出るよね。目は口ほどにものを言うよね。ことわざすごい。

愛を持っている人ほど早く死んでしまうのはどうしてなんだろう。悲しい。

上辺だらけのこの世が虚しすぎる。

ほとんどの人が一生懸命に生きているはずなのに、それが全て仇になるような世の作りにしているやつらが大嫌いだし、汚らわしくてみじめだと思うし、蔑んでいる。

でも、きっとやつらはこんな思いすら笑い飛ばして栄養にするんだろう。

 

 

 

厨二病全開で恥ずかしいきゃっ (ていうか「ちゅうにびょう」で変換されるのすごいね)